中国のおかしな表記
奥様は上海からいろんな物を買ってきます。

かわいい服やきれいなアクセサリー。
友達や家族にプレゼント プレゼント するものです。

そして道中ヒマな時間をもてあまさないように、
お菓子もたくさん買っちゃいます。


たくさん買うので、
もちろん全部食べきれるわけでもなく、
そのまま日本に持ち帰ることもしばしば。

今回はそんな中国製お菓子についてちょっとお話を。。。


ずずんっ!
中国のお菓子

これはみかんの皮を甘〜〜くした
とってもポピュラーなお菓子のひとつ。


食べて見るとたしかに美味しくて、
日本人にもオススメの一品となっています。


だからなのかわからないけど、
日本語の表示が(*´▽`)ノ


奥さまにいわく

「日本語が書いてあると、
なんとなくお洒落だからかも」d(゜ー゜*)o


ヽ(´〜`;) ソウナノカ?



そして文章を読んで見ると、

ふむふむ( ´∀`)

「やっぱり、自然はおいしい。」

だよねぇ。(・∀・)
過度に手を加えるのも良くないもんね〜。


「素材も厳選し味多彩。」

ほほ〜う。
厳選されてらっしゃいますか!('-'*)


「行楽のお供に。」

そやね〜。
ハイキングに持っていくの楽しいかも〜。(*´▽`)ノ


「おつまみにご利用下さい。」

ぬはっ!消費者金融的な説明文っΣ(´∀`;)?


…。

……。


そんなこのみかんのお菓子ですが、
かなりやみつきになるほど美味しい。
すんません、個人的な意見ですので、合わない人もいるかも



裏側の表記ももちろん日本語でされています。


中国のお菓子2

「保存上の注意」

「直射日光をおさけ下さい。」

「高温、多湿の場所はさぼて下さい。」


中国のお菓子3

さぼてっ(;´Д`)、


きっと「さけて」の間違いなんだろうなぁっ
と思いつつさらに続けます…。



中国のお菓子4

「製品の製造の際け品質、包装等に注意を
しておりますが、万一変質品等かわれは
お買い上けの月日・店名をお書きそぇの上、
現品をお送り下さい。郵送料をそぇ代品
をお送りいたします。」



いやまぁ…つっこみどころ満載ですがヽ(´〜`;)
とりあえず、ひらがなが全体にちっちゃい


そして、なにより
ハートにズキュン失恋 銃

ときめいたのは、



中国のお菓子5

「そぇ パクッ

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ちっちゃな、ぇ〜〜♪



紫式部のような

日本古来の十二単を着てらっしゃる

華々しい貴族様が、


日本庭園にてけまりを眺めつつ
そっとお話される時に出てくるような、

なんだか甘く優しい大人の魅力 抱擁



あぁとてもとても

奥ゆかしきお言葉でございます。

ビューン!! 三三三⊂´⌒つ´∀`)つ



明日から「え」

「ぇパクッと発音することにします。


お書きそぇ〜♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚♪


| 旦那Z | 奥様は上海人 40〜42記 | comments(6) |
バレンタインデー
昨日はバレンタインデーでした。
会社や学校では

「あの娘はきっと俺にくれるハズ!」怒り

とか

「放課後の教室では
 カバン開けっ放しにして
 廊下をうろちょろしてみるか」ジョギング

というような
甘い香りの青春絵巻「バレンタインデーラブ」。


中国でももちろんバレンタインデーはあります。

でも日本と違って、
男性も女性も、
好きな人にプレゼントを渡すというもの。



そして我が家のバレンタインデーはと言うと


ふふふと笑顔の奥様が、

「はい♪バレンタインデー」( ´∀`)σ

(・∀・)オップレゼント

「ヤフー!ありがとー!」(*´▽`)ノ


('-'*)ねねね

「開けてみてみて♪」( ´∀`)σ



「お、おう!」(*´▽`)ノ

丁寧に包装されたかわいい箱。
奥様がくれた物だから、
破らないように注意して、
大事に開けていきます。



さてさて今年のチョコは…

「チョコロールケーキよ♪」(*´▽`)ノ

あΣ(´∀`;)

これって…(´・ω・`)

「私の大好物のん!」(*´▽`)ノ

ヤハリッヽ(´〜`;)


「ささ、食べましょう♪」(*´▽`)ノ

バレンタイン…((( ;゚Д゚))) デカルチャー



結婚前は…

「ふふふ★アナタにプレゼント♪」('-'*)
と言って渡してくれたチョコ

il||li _| ̄|○ il||li



でもまぁ、
二人でおいしく食べれるし、いっか(・∀・)


「あ、お母さんにも残しておいて」d(゜ー゜*)

親孝行!?((( ;゚Д゚)))


ん〜えと、

バレンタインって何でしたっけ…。(;´Д`)ノ



| 旦那Z | 奥様は上海人 40〜42記 | comments(11) |
春節と節分
ついこないだ、
おせちお雑煮を食べ、
甥っ子や姪っ子という

IT時代の山賊銃

身銭お金を搾取され、

グったりとなっていたお正月から一ヶ月。(。´Д⊂)グスン・・・



我が家にまたお正月がやってきていた。マタカ(´∀`)?



中国では毎年二回お正月が来ます。

日本でおなじみの1月1日と
毎年微妙に変わるらしい春節(旧正月)。


奥様が中国の人な我が家では、
祝 春節おめでたムードがじわじわと浸透しています。


例えば壁に貼られた「福」の印の赤い布。

部屋の中やドアにバンバン張られております

huku


それを見た母は、

「あ!ちょと、神様がケンカする」(;´Д`)ノ

「え?」Σ(´∀`)?

「ここにあるヘビの神様と、
その福の神さまがケンカするから
どっちかにしなさい」(´・ω・`)



我が家にはヘビの神様を祭っております。
仕事の繁盛を願っての事なんだが、


そもそも中国の「福」の印に
神様っているの?(-_-;)


というか神様がケンカって、

めっちゃ煩悩の塊やん。(;´Д`)ノ



そんなこんなで旧正月
日本で住んでいる奥様と僕は
さすがに爆竹をならすこともせず、
(奥様はちょっと寂しいらしい)(´・ω・`)

中国のテレビ(我が家ではCCTVが見られます)を見ながら、
奥さま自慢の中華料理を食べたり、
母と奥さまお買い物ツアーがあったりして、
のんびりと過ごしました。
(昼間は仕事してます)



そして

今日は節分


鬼は外 怒り 福は内 ラブ

の節分。



またまたやってきたイベントデー。

なんだかイベントって月に一回以上あると、
あきらかに商売な気配がギュンギュンします。


そしてまんまと商人にだまされ
買ってきた巻き寿司

それを毎年変わる方角に向かい
一心不乱に食べるイベントです。


買ってきた巻き寿司には
「節分、丸かぶりのいわれ」という
説明書きが付いてきた。



それによると


豊臣秀吉の家臣であった堀尾茂助吉晴という人物が

たまたま節分に巻き寿司を食べて

出陣し戦に大勝利した事から
巻き寿司を節分に食べると幸福が訪れるとされています…



たまたま…il||li _| ̄|○ il||li



ほんでもって大敗した相手からしたら
この上なく最悪撃沈な日。



きっと巻き寿司を食べて出陣し、

ε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛本気カヨ

っと逃げ帰った人もいたハズなのに…。




一緒に読んでいた奥様は

「なるほど〜♪」(*´▽`)ノ

「おお日本の文化が分かってきたねぇ」(・∀・)



「コロされないおまじないネ♪」(*´▽`)ノ

ブハッΣ(´∀`) コロサレ…


(;´Д`)ノ チョ、チガウ


「おかずは餃子だよ♪」(*´▽`)ノ

オカズ…((( ;゚Д゚)))




今年の恵方「南南東」に向きながら
巻き寿司餃子を食べる奥さまと僕。



(-_-;)…なんか、

中華風 ラーメン な日々に慣れてきてる…。


節分の神様(?)ゴメンナサイ。(´・ω・`)
| 旦那Z | 奥様は上海人 40〜42記 | comments(7) |